M字ハゲにおすすめの育毛剤【生え際の脱毛の原因は?】

M字ハゲの原因と育毛剤の選び方

抜け毛や薄毛の原因は様々ありますが、男性の薄毛の場合は約9割が男性型脱毛症であると言われています。そして、男性型脱毛症の特徴としてM字部分の脱毛があります。そのため多くの場合、M字ハゲ対策として男性型脱毛症の対策を行えば良いと言えます。

男性型脱毛症のメカニズムを見てみましょう。男性型脱毛症の原因と言われているのは、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)です。このDHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に結び付くとヘアサイクルが乱れ、その結果として成長途中の髪が抜けてしまうのです。また、DHTは特にM字部分(生え際部分)に多いと言われているので、DHT対策を第一に考えましょう。

このことから男性型脱毛症対策(M字ハゲ対策)として2つの方法が考えられます。
DHTの生成を防ぐ(積極的な対策)
ヘアサイクルを整え、髪が育ちやすい頭皮状態にする
DHTの生成を防ぐ方法は、男性型脱毛症の原因であるDHTを防ぎ、原因そのものに対処する方法です。ヘアサイクルを整える方法は、髪が育ちやすく抜けにくい頭皮環境へと導くことで、男性型脱毛症以外の脱毛症にも効果的です。これら2つを同時に行える育毛剤がおすすめです。

M字ハゲ対策には育毛剤のここをチェック

5αリアクターゼの働きを阻害する

M字ハゲの対策には、DHTの生成を防ぐことが大切です。テストステロンという男性ホルモンに5αリアクターゼが働きかけることでDHTが生成されます。そのため、5αリアクターゼの働きを阻害することが出来れば、DHTの生成を抑制できます。つまり5αリアクターゼの働きを阻害するような育毛剤がおすすめです。

すでにご存知だと思いますが、男性型脱毛症に効く医薬品としてミノキシジルがあります。ミノキシジルを使ってもM字はあまり回復しないと言われています。ミノキシジルは血行促進などで育毛や発毛を促進すると正式に認められている医薬品ですが、5αリアクターゼを阻害する働きはありません。また副作用も多く報告されているので、M字対策としてはあまりおすすめしません。

M字ハゲ対策におすすめの育毛剤ランキング

順位 育毛剤 金額 詳細
薬用プランテル
プランテル
9,800円
7,800円
送料無料
あるようでなかったM字用の育毛剤
今まで男性型脱毛症用の育毛剤はいくつも存在していました。しかし、M字に注目した育毛剤は初めてではないでしょうか。DHT対策と頭皮ケアの両面からケアすることでM字対策を行う育毛剤です。
口コミへ
濃密育毛剤 ブブカ
BUBKA
12,600円
定期購入で11,340円
5αリアクターゼを阻害&ミノキシジルと同等の効果
ブブカに配合されているM-034を主成分とする濃密エキスは、ミノキシジルと同等の効果が得られるのに、副作用も副作用も少ないのが特徴。5αリアクターゼを阻害する亜鉛やノコギリヤシなどを配合しているので、M字対策や男性型脱毛症対策におすすめ。
口コミへ
M-1育毛ミスト
サラヴィオ化粧品
12,000円
9,800円
世界初の分子ピーリング
頭皮をケアしヘアサイクルを整える育毛剤です。世界初の分子ピーリングで毛穴をキレイにし、非常に小さい低分子ペプチドで毛穴の奥まで栄養を届けます。5αリアクターゼを阻害する働きはないので、ヘアサイクルを整えるために使います。また、他の育毛剤と併用することができるのでプレケアとしてもおすすめ。
口コミへ

M字ハゲにプランテルがおすすめの理由

5αリアクターゼを阻害

M字部分の脱毛の多くは男性型脱毛症であると言われています。そのため男性型脱毛症の主な原因であるDHTの生成を防ぐことが大切です。テストステロンという男性ホルモンに5αリアクターゼが働きかけることでDHTが生成されます。そのため、5αリアクターゼの働きを阻害することで、DHTの生成を防ぎます。プランテルに配合されているヒオウギエキスが5αリアクターゼの働きを阻害します。

ヘアサイクルの乱れを整える

プランテルはヘアサイクルの乱れを整えるために、3つの育毛成分を配合しています。 センブリエキス(発毛促進)、セファランチン(血流促進)、グリチルリチン酸2K(フケ・かゆみ抑制)です。 これらの成分がヘアサイクルの乱れを整えます。

無添加で頭皮に優しい

薄毛に悩む方の多くは、頭皮が傷んでいることが多いです。例えば、必要以上にシャンプーで皮脂を取り過ぎたたに、逆に皮脂が過剰分泌して頭皮を痛めている。あるいは、自分に合っていない育毛剤を使ったために頭皮が炎症を起こしていることなどが多いです。頭皮が傷んでいるときに、刺激の強い育毛剤を使っては逆効果。プランテルは、無添加で頭皮に優しいので安心です。

男性型脱毛症でない場合はどの育毛剤が良い?

頭皮をケアしヘアサイクルを正常化する

男性型脱毛症でない場合とは、「頭皮の状態悪化による脱毛」「ストレスによる円形脱毛症」「病気や薬の副作用」などがあります。この中で病気や薬の服用による副作用は、まずは病気を治療するしかありません。ストレスによる円形脱毛症は、ストレスがなくなればまた元に戻ります。
育毛剤で対策するのは頭皮の状態悪化による脱毛の場合です。例えば、過剰な皮脂の分泌で頭皮が炎症を起こしている場合や、シャンプーの仕方が間違っていて頭皮が傷んでいる場合などです。この場合には、5αリアクターゼを阻害する育毛剤よりも頭皮をケアする育毛剤(M-1育毛ミスト)がおすすめです。またシャンプーは石油系合成界面活性剤を配合していないものが良いです。